戸建住宅の雨漏りは保険適用あり!!?埼玉の外壁業者が説明します!!

じめじめした梅雨など雨が多い季節は特に嫌になるのが「雨漏り」ですよね。
一戸建ての住宅に住んでいる方の中で雨漏りに悩んでいる方は意外に多くおられます。
今回はそんな雨漏りに関する費用を抑える工夫をご説明いたします。


1.雨漏りの修理は保険適用あり!!?
雨漏りを治そうとされるお客様ではじめに驚かれるのがその費用の高さです。
安くて数万円、普通の料金でも数十万円ぐらいかかります。

しかしこの高額な料金を抑える賢い方法がございます。
それは「火災保険」に申請することです。
実は自然災害によって発生した雨漏りは「火災保険」が適用されるケーズがあるのです。
こうなると使わない手はありませんよね。



2.保険適用のための条件
いくら保険が適用されるといっても無条件ですべての「雨漏り」に適用されるわけではありません
ここからは雨漏りに火災保険が適用されるための3つの「条件」ご紹介いたします。

1つ目は「風災と認定されること」です。
先ほどもご説明した通り火災保険は「自然災害」によって被った被害なら適用されます。
つまり暴風、大雨、豪雪などによって家の屋根部分や外壁などに被害が発生し、その結果、雨漏りが生じたことを認定されなければいけないということです。

2つ目は「雨漏りの被害発生から3年以内に申請すること」です。なぜなら保険に関する法律で「保険申請の権利を有してから3年以内に申請を行わなければいけない」と定められているからです。
申請期間は保険会社によって別途で規定されている場合もありますので注意が必要です。

3つ目は「本人で申請すること」です。
言い換えれば、代理申請は厳禁ということです。
なぜなら代理申請を可能にした場合、悪徳業者が火災保険で直せるということを悪用する可能性があるからです。

3.まとめ
雨漏りの修理費が火災保険の適用範囲ということを知って驚かれた方も多いと思います。
「雨漏りで悩んでいるけど、費用の関係でなかなか修理ができない…」という状況の方は、是非保険を使って賢く修理してください。

一方で、悪徳業者は「火災保険が適用されるから必ずお金が戻ってくるよ」という甘い言葉を使ってくる場合があるので注意してください。保険申請に「絶対」ということはありません。

雨漏りの修理が必要なときはいつでも私達にご連絡ください。
長年埼玉県で外壁工事や雨漏りの修理などを行ってきた経験を生かして、お力になります!ご連絡お待ちしております。