色を楽しもう

パステル
「色」はとても大切な要素です。部屋のカーテンを替えただけでも、とても雰囲気が変わりますよね。
外壁を塗装することで、まるで新築時に戻ったような、いや新築時よりも「自分たちらしく」を表現できることの嬉しさ、楽しさは、外壁塗装の醍醐味でもあります。

やねかべパークでもお客様と「やって良かった!!」を分かち合えるよう特に力を入れている部分です。
毎日帰る「家」ですから、いつまでも楽しく過ごせるよう一緒に取り組みましょう!!

 
色を楽しもう


色選びの基本

色を変える必要があるの?

「家を建てるときによくよく考え決めた色で気に入っている為、元々の色で綺麗に塗装してほしい」というオーダーが結構な割合であります。昔の状態に戻すイメージですね。実際は10年以上経過している事が多く、記憶の中にある色は「記憶色」といい、実際より「彩度」が高い傾向にあります。色のイメージに近づけるよう大き目の塗装見本サンプルで確認すると良いでしょう。


※昔の家は・・・
irowo-02

色によって長持ち度は違うの?

せっかくいろいろ悩んで決めた「色」。できれば長持ちしてほしい!と誰もが思いますよね。
一般的に赤、オレンジ、黄色などの明るい色は退色しやすく、青、緑、黒、白などの色は退色しにくいといわれています。

主に紫外線や熱、雨などで、色素がダメージを受け、徐々に退色、変色していきます。町中にある看板などが見本ですね。
塗料の場合、少し高級な部類に入りますが、色褪せしにくいものもありますので、「色褪せしやすい色」を選ぶときは塗料材の質を1ランク上げる事をお勧めします。

irowo-03

気を付けなければいけない面積効果

家の壁の面積は思っているよりはるかに大きなものです。明るい色は面積の大きなものほど、より明るく、鮮やかに見えます。イメージに近づけるためには、小さな色見本から選び、適当と感じる色から、少しだけトーン(明度と彩度)を落とした色を選んで、大きめの塗り見本をもらい確認すると良いでしょう。
2459f6fc9e882b7b41463dbf765a98e7


気を付けなければいけない陰影効果

外壁
既存の外壁に模様がある場合は、陰影が生じますので、仕上がったときに色が濃く感じられる事があります。

又近隣家屋との関係や家の方位、形状などにより、日中陰になる部分が多い場合は同様に感じる事が多いため、「色の明るさ」を決めるときには、日陰でのサンプル色もよく確認しておきましょう。


 

色決めの際の注意!!

空
人か認識できる色は、光の照射量に影響されます。
晴れた日と曇りの日では、同じ色でも違って見えます。

大気の汚染が少ない良く晴れた日の朝方の太陽光で色を決めると良いでしょう。
A4サイズ以上の見本板を外壁に貼り付けて確認するとイメージしやすいでしょう。
 

外壁以外の部分の色はどうやって決めたほうがいいの?

建物には外壁以外に、雨樋、シャッターBOX、庇、軒天、エアコンのカバー、換気扇などの排気口であるウェザーカバーなど建物と一体化している部分があります。通常これらも外壁塗装の際に一緒に塗装する事になります。

アルミ製の「玄関ドア」「窓廻りの枠」「面格子」の他、ベランダ等の「アルミ笠木」や「タイル部分」などは塗装をしないためそれらの色との調和も必要です。

通常外壁塗装では「サッシ枠」の色が変わらないため、雨樋などの付帯物はサッシなどと同色系とするか、横樋を屋根と同色、竪樋を外壁と同色などとする方法が一般的です。

軒天は明るめの、白系統の色が適当です。室内からの眺望でも、上面が明るい方が気持ちの良く、外から見た場合も家が明るく見えます。

庇は屋根の色に合わせるか、雨樋と同じくサッシ色と合わせて、統一感を出すことが一般的です。

エアコンのカバー等は劣化している場合は取替えたほうが良いでしょう。
エアコンを取替る際にカバーを外し冷媒管を取り換えなければいけないような取付をされている場合、カバーの塗装が剥げてしまう場合が多いからです。
どうしても統一感を出すために塗装するのであればエアコンを「逆配管」という取付方法で直してから塗装する事が望ましいと思います。
この場合エアコン取替の際にカバーを脱着する必要がなくなりますのでいつまでも綺麗でいられます。


色決めに迷ったら!

自然
色はもともと「自然」の中にあった色彩が「基本」となっています。
調和のとれた色彩デザインを考えるとき、自然から着想を得る事も一つの方法です。

又周囲の環境、街並みへの配慮もありますので、この機会に「色」をテーマに自宅周辺を散策してみる事も、住んでいる町を違った角度から見る事ができ、楽しいかもしれませんね。