適切な塗り替え時期

適切な塗り替え時期はいつ?

塗り替えの適切なタイミングはいつが良いのでしょう?
一般的な日本の住宅は30年程度の耐用年数言われており、塗り替えのサイクルは8~13年といわれています。
塗料のグレードなどにもよりますが、皆様は生涯に2~3回塗装をされることになります。
ですが「いつが一番良いの?」となると、とても迷うもの!「建ててから何年で塗り替えたほうがよいですか?」との質問が多いのもうなずけます。

住宅をグルっと覆っている塗装。ですから立地条件により東西南北でうけるダメージも違います。強烈な西日が当たる面、道路に面していて絶えず振動がある面、など条件が悪い面は劣化が早く進行します。
又塗られている素材、建材自体の耐久年数も様々ですし、地震、風害などによるひび割れの具合も各戸で違います。
すぐに塗装しなければいけない!!というわけではありませんが、塗膜の劣化のサインは必ず出てくるものです。

又、最近は「建物の劣化度合いを見計らい塗装!」という事ではなく、「子供たちが独立したので・・」「来年いよいよ定年だから・・」など、人生の節目や、気分を一新したい時などの機会に合わせてのご依頼も増えています。
外壁塗装は家を守る為だけではありません。このようなタイミングも、新しい気持でいろいろな物事に取り組める機会ではありますので、塗り替えを考えるよいタイミングではないでしょうか?

セルフチェックできる劣化のサイン

色あせ・チョーキング現象

色あせ・チョーキング現象


ヘアークラック

ヘアークラック


拡大写真

拡大写真


窓周り サイディング

窓周り サイディング


窓周り モルタル

窓周り モルタル


窓周り モルタル

窓周り モルタル


目地材(シール) 劣化

目地材(シール) 劣化


目地材(シール) 収縮

目地材(シール) 収縮


目地材(シール) ちぎれ

目地材(シール) ちぎれ


サイディング 反り

サイディング 反り


サイディング 反り

サイディング 反り


モルタル 膨れ

モルタル 膨れ


サイディング コケ

サイディング コケ


サイディング 藻

サイディング 藻


サイディング コケ・カビ

サイディング コケ・カビ


このような状態を放置しておくと、表面の塗膜だけではなく、その部位事体を交換しなければいけなくなります。
又内部まで傷んでしまう事になると、大掛かりな補修作業が必要となってきます。

こんなことになる前に・・・・



天井

天井

軒天

軒天

外壁

壁

外壁

外壁

外壁

断熱材

木材

劣化

こんなことになる前に・・・!


住宅の外部は部分的に取替えやすいように建築されているわけではないので、工事費もかさんでしまうかもしれません。
一般的な外装工事では下の図のようになります。

一般的な外装工事

一般的な外壁塗装の目安

一般的な外壁塗装の目安

一般的な外壁塗装の目安
早めに塗装しておくことが、費用をかけずに長持ちさせる秘訣になります。


それともう一つ大事な事!!

単純に築年数のみでは判断できませんが、モルタルやALC・鉄筋コンクリートの外壁の場合、新築時の塗装はあまり耐候性の高いものではない場合が多いのです。
特にスレート屋根とモルタル壁の場合、乾燥、収縮が一段落つき、立地条件により、受ける自然要因の影響が出そろう新築後8年を目安に、少し早目にお手入れをすることが、その後の建物の寿命を延ばす事に大きく貢献します。

最近のオシャレなデザインの多い窯業系サイディングも、意匠性を損なわないようにクリアー塗装が主流となっております。
模様や凹凸の劣化は復旧が難しい為、傷みがひどくならないうちに一度目の塗装は早めに行うことをお勧めします。
新築から5年、前回の塗装から5年経ったら、一番傷んでいると思われる面を中心に定期的にチェックしてみましょう。

外壁塗装チェック

ご自宅の状況いかがでしたか?
気になる事がありましたら「やねかべパーク」にお気がるにご相談下さい。
無料で点検にお伺いいたします。