塗装別の費用と性能

一般的な外壁塗装における耐候性の優劣は下記の図のようになります。
もちろん高耐候=高額となりますが、一番大事なのは目的、用途に合った塗料を選定する事と、その組み合わせとなります。

現状の住宅の傷み具合を鑑みて、何年塗膜性能を維持させる事がお客様にとって一番良い費用対効果となるのかは、お客様の意向、建物の構造種別、下地の作り方、下塗り、中塗り、上塗り、色使いなども含めて総合的に検討する必要があります。
又外壁塗装に欠かせないシーリング材は耐候年数で「シーリング<塗膜」となる事が一般的なため、高耐候塗料を選択する場合は、シーリング材も耐候性の高いものを選ぶ必要性があります。

一般的な外壁塗装における耐候性の優劣


どっちがいいの?

水性VS溶剤
外壁に塗装する塗料は大きく分けると「水性系塗料」と「溶剤系塗料」に分類されます。

水性塗料は水に分散させたペンキで、環境への負荷も少なく、匂いもほとんどない為、扱いやすい塗料です。
最近は水性系塗料の性能も溶剤系と同じように高くなってきましたので、特に住宅密集地等では、工事中の近隣への負担も考え、完全水性系の塗料で提案させて頂く事も多くなりました。

溶剤系はシンナーなどで溶けるペンキで、臭気がきつく、金額も高いものが多いですが、一般的な比較によると水性系より、密着性、耐候性(長持ち性能)、耐摩耗性などに優れているといえます。



1液VS2液
溶剤系の塗料では、1液型のタイプと2液型のタイプがあり、1液型タイプは、そのままシンナー等で薄めて使用できるため調合ミスが無いメリットがあります。

2液型のタイプは「主剤」と「硬化剤」を定められた比率でまぜてから塗装するもので、手間がかかるうえ、使用可能時間も決まっている為、使い切りの塗料です。

プロが決められた時間内にきちんと仕事をしないと扱えない技術的にも難しい高級塗料ということになります。
耐久性、密着性、なにより、仕上がりにも明確に差が出ます。



弱溶剤VS強溶剤
溶剤は、樹脂を溶かし込んでいるもので、塗膜が形成されると無くなってしまうものですが、塗料が硬化する反応にとって必要なものです。
又、塗装作業時に塗料を「希釈する」時にも用います。
塗膜が形成されると主成分の樹脂と色の成分の顔料が残ります。
強溶剤はラッカー・ウレタン・エポキシシンナーなどを希釈に用いる材料で、乾燥が早い!密着性が良い!とメリットもありますが、臭気と安全性、既存の塗膜との相性には難があります。

弱溶剤塗料はターペン(塗料用シンナー、樹脂族炭化水素)と呼ばれるものを溶媒にしている為、強溶剤よりは臭気と安全性に優れているといえます。

一般的には強溶剤系でしか溶けない塗料はそれだけ強い塗料という事もあり、長持ちするといわれていますが、リフォームの場合は、旧塗膜を溶かし浮かせてはがしてしまう事もあるため、扱いづらい面もあります。



つや有りVSつや消し
外壁塗装を行う上で、「美観」は重要な要素の一つです。
好みの問題とすることもできますが、外壁塗装において「家を長持ちさせる」という最重要な課題から「艶」を考えていくと「耐久性」という言葉で比べていく事が一つの目安となります。

この問題で悩む方は大抵が高意匠系の外壁塗材で仕上げられている住宅にお住いの方で、たしかにピカピカの塗装で仕上げてしまうとせっかくの落ち着いたシックな雰囲気が台無しになってしまいます。
塗料材の面から考えると一般的に「艶消し」材はつや有りの塗料に、つや消しの「添加剤」を入れて作っている為、基本的にその材料がもっている性能を押し下げてしまう事が多いと思われます。

このような場合の選択肢としては、添加剤でつや消し塗材を作るのではなく、元々が「つや消し」の塗料(例:ガイナ等)を選ぶことが需要です。どのような形にしろ、つや有り塗材よりは、多少汚れが目立ちやすいデメリットもありますが、つや消し材でも、つや有り材以上に耐久性に優れたものもありますので、付加価値の高い塗材で施工する事が良いと思われます。



有機VS無機
通常一般的な塗料は有機塗料でアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素などの樹脂を有機溶剤(他の物質を溶かす性質を持つ有機化合物)で溶かし、溶剤の揮発により樹脂塗膜を作ります。経済性、施工性に優れますが、樹脂寿命がその塗装の寿命ということになります。

無機系塗料は無機(炭素を含まない化合物・燃えない)と有機を混ぜ合わせたハイブリット塗料で、主成分が無機(鉱石・ガラス、セラミック)等の塗料を言います。

塗膜が固い、紫外線の影響を受けにくい、カビや藻などの生物汚染に強い、難燃性がある等の「劣化に強い」特徴があり、長期にわたり耐候性、耐汚染性があるといわれています。



シリコンVSウレタン
耐久年数、金額から考えると「ウレタン」<「シリコン」が一般的です。

「フッ素」「無機」「光触媒」などは高くて・・・かといって一番安い「アクリル系」は嫌だ・・そうなるとウレタンかシリコン、どちらにしようか?みなさん、ここに行きつく事が多いのです。

基本的な住宅では、通常、東西南北の4面ありますが、環境の悪い外壁面ですと、ウレタンで4~6年、シリコンで6~8年程度で光沢が無くなってきます。
1回あたりの塗装費用を比べると「ウレタン」が優位ですが、耐候性に勝る「シリコン」を塗装しても、それほど大きな差が出ないため、費用対効果では、やはり「シリコン」に軍配が上がるのではないでしょうか!!現在一番使用されている塗料でもあります。

ただし「シリコン塗料」でも内容、価格は様々。規定が存在しないため、10%果汁でも100%果汁でもオレンジジュース。と同じ理屈で、価格だけではなくシリコン含有率が高い塗材を選択する事が重要です。


そもそも塗料とは?

外壁に使用する塗料は顔料(色・機能)、樹脂(塗膜の形成成分であり耐久性、耐候性、密着性等の性能が決まる)、添加剤(塗膜の性能を向上、安定させる)、溶剤(樹脂を溶かす・塗装時の希釈材)で構成されています。いわゆる「長持ち度」は、その「樹脂」によって決まる事が一般的な見解です。

しかし実際の販売されている塗料は、樹脂の種類は同一でも、強溶剤、弱溶剤、水性などの他、二液型、一液型、ラジカル系塗料など、多種多様な商品があり、単純に樹脂の違いのみによる耐候性の格付けとは一致しません。水性のシリコンでもシリコン樹脂の含有量が少ない商品等もあり、溶剤系のウレタンのほうが耐候性に優れていたりする場合もあるのです。


どうして塗料は劣化するの?

ハケ
近年、一番多く施工されている、「シリコン塗料」は、樹脂が「シリコン」の商品で、正式名称はアクリルシリコン樹脂塗料というものです。
名前の通りアクリル樹脂にシリコン樹脂を配合したものとなります。
配合してできた塗料は「合成樹脂塗料」となり、炭素を含む「有機物」に分類されます。有機物は、無機物(ガラスや宝石等のイメージ)と違い、時間の経過とともに紫外線や微生物などによって分解されてしまいますので、いずれ無くなってしまいます。外壁の「色褪せ」や「チョーキング」はこのような、有機物(外壁 塗膜)が紫外線などの影響で劣化する事により起こります。
劣化していくと、防水性能が失われていきますので、壁、屋根の含水率が上昇しカビやコケ等が付きやすくなります。塗料自体の有機成分がカビやコケの養分となりますので、そのまま放置しておくと屋根、外壁の劣化の促進につながります。
塗膜の性能がなくなると、基の素材自体が傷み始める事となります。

このような観点から、塗膜の性能を保ち、基の素材が傷む前に塗装をする事が一番なのですが、外壁にしても、屋根にしても、何度も塗り重ねる毎に塗膜性能の保持期間は少なくなります。


外壁塗装は何回できるの?

仮のお話しですが、高耐候の塗料を、新築から10年程度で初めて塗る場合と、5回目の塗装の場合とでは、基の素材が傷んでいない状態で塗装する場合のほうが、塗料の性能を存分に引き出せそうではありませんか?
5回目や10回目の塗装(こんなに塗る事は有りませんが)では、同じ高耐候性の塗料を塗装したとしても、長持ちしそうにありませんよね。お化粧でも、塗り重ねは肌を痛めますし、通常そんなことはしません。
外壁塗装も同じように、限りなく何度でも塗れるものではないのです。費用対効果として、選んだ塗料が存分に力を発揮できる状態は、塗装する下地、又は素地の状態が適当である必要があるのです。自然環境にさらされている屋根や外壁は、塗り重ねても3回程度が限界で、それ以降は、「家を守る為」という観点からは塗装ではなく、「素材」の張替や上貼りが必要となってきます。

このような事から、外壁塗装にあたっては「ライフサイクルコスト」と言う「生涯費用」に対する検討も必要だと思われます。
「1回当たりの塗装費用」とは別に「生涯自宅を維持していく為の必要な費用」として考えると、「耐久性、耐候性」がある塗料を選び、下地(基)が傷まないうちに塗装する事が、生涯的な費用を抑える事につながります。

住宅のメンテナンス費用を抑えていく為に、一番効果的な事は、生涯、外壁を塗装のみで維持・管理する事に尽きるのです。

35歳で、30坪程度の新築住宅を購入    新築後10年で、初外壁塗装を行った場合

外壁塗装のライフサイクルコスト

※画像クリックで拡大します



このように高耐久塗料を使う事により、塗り替えのサイクルを延ばし、ライフサイクルコストを削減する事が可能です。
又、塗料には「長持ち」だけではなく、より良い住環境を考え様々な「機能」を併せ持つものが沢山あります。
住宅
冷暖房費を抑えて光熱費を削減したい!
壁の雨だれを無くしたい!
防音効果を持たせたい!
塗膜に弾性を持たせたい!
現状の模様、雰囲気を残したい!
透湿性を持たせたい!
カビや藻の発生を抑えたい!
光沢を持続させたい!

外壁塗装が「1回だけの塗装費用」のみの選択では無く、我が家の10年後、20年後を考え、耐候性、機能性もあわせて、費用対効果のバランスをとっていく事が、お客様にとって高付加価値であり、費用を抑えることにつながります。

色による費用の違い

塗料材は「色」によって金額が違います。「色相」(いろみ)とその「濃淡」(こさ)によって金額が違うのです。
塗料を作るときに入れる「顔料」(色の素)は青系より赤系の金額のほうが高く、又、濃色ほど沢山の「顔料」を使用する為、金額が高くなります。
又、選ぶ色によっては、実際に外壁に使用した場合、その色が見本通りに「出にくい」事があります。
施工面でも、それを解消するために、下塗りの色を変える等、様々な工夫が必要な場合があります。
色や濃淡によって変わる業務用塗料の価格