サイディングの張替

サイディングボード張替の外装リフォーム


サイディングボード
サイディングボードの基本的なメンテナンスは主に、「塗り替え」+「シーリング材の打ち替え」にて行われます。
近年の新築住宅では、外壁の仕上げ材にサイディングボードを採用している事が多く、きちんと施工されていて、塗装などのメンテナンスを適切に行うと30~40年程度、張替の必要は無いと言われています。

しかし、壁体内の断熱欠損、内部結露やシーリング材の劣化、直貼りや施工不良などにより、水分が常時サイディングの裏まで廻り込む状態を放置しておくと、サイディング表面材の剥がれ、膨れ、歪み、反り等が起こります。ある一定の状態を超えると、塗装でのメンテナンスが不可能となり、サイディングボードの張替 の必要性が出てきます。(専門家コラムで詳しく解説!)

調査を行い、サイディングボードの張替が必要と判断せざる得ない大部分の住宅では、建物の構造材まで雨水など水分が染み込 んでいる事が多いのも事実です。特に2000年(平成12年)以前に「直張り工法」で施工されているサイディングではこのような事が多く、既存サイディン グを一度全て剥がして、通気工法にて貼り替える事になります。


サイディングの工法と特色

サイディングの工法は、貼り替え、上貼り、部分取替などがあります。
上貼りとは、既存外壁などの上にサイディングを貼る事で、条件付きですが可能な工法ではあります。
以下に一般的な事項をまとめてみましたので参考にして下さい。

種類

可能な工法

エネマネ事業者特色

窯業系サイディング

全体の張替・部分張替

 耐震性・遮音性・防火性に優れる

 意匠性に優れる・デザインが豊富

金属系サイディング

全体の張替・部分張替・重ね張り

 断熱効果が高い

 軽く取り回しが良い

 メンテナンスサイクルが長い

この他にも樹脂系、木質系サイディング等があります。

構造、外壁の状態、外壁下地の状態、壁体材の内部構成、ご希望のサイディングの種類などにより、工法が変わってきます。
「外壁塗装では無理かな?」「断熱もシッカリしたい!」「結露がすごい!」「耐震も考えたい」などきちんと直してマイホームを長持ちさせたい!!という方は専門のスタッフが現地調査&アドバイス致しますので、お気軽にお問い合わせください。