あけましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。
しばらくぶりの更新(いそがしさにかまけて)となりますが、今年も、わたくしこと、やねかべ博士及びやねかべパークスタッフ及びパートナー関連会社総力をあげて、微力ながら皆様のお力になれるよう、正しいく新しい情報、高い施工力で、ご相談いただく皆様の「成果の創造」に貢献できるよう頑張っていく所存です。

なにとぞよろしくお願い申し上げます。

平成25年度より、中古住宅問題などに関連して、建築業界や不動産業界などでたくさんの法律改正や、仕組みが変わってまいりました。目まぐるしく環境が変化する中、常に新しい「情報」や「商材」などをご提案できるように、わたくしどもも日々努力しております。

こういった情報過多の世の中では、合い見積もりも多く、2~3社、多い時では5.6社の合い見積もりとなることもあります。昨年一年通して、感じたことは、塗装業界、その中でも「戸建塗装」の分野では、いまだに、サイディングの外壁材でも、「シーリングの打ち換え」を提案していなかったり、屋根塗装に関しては「タスペーサー」の記載がないお見積書を拝見する機会がありました。確かに総額は安くなりますが、結果として10年後に不利益をこうむるのはお客様となってしまいます。

私共はプロとして想定される劣化事象にかんして、お客様の不利益になるような施工を提案してはいけません。
半面教師と考えこれからも、お客様の利益に貢献できるよう、また、お客様の生涯にわたるメンテナンスコストの削減に貢献できるよう、考えてまいりたいと思っています。

「安心・安全」から、「10年後まで安心・安全」とスローガンも変更し、今年は、お客様の「満足」ではなく「感動」できるような、仕事をしてまいりたいと考えております。

今年はブログでの、正しい情報、価値のある情報など、タイムリーに情報提供ができるよう、頑張ってまいりますので、
皆様よろしくお願いいたします。


今年一年、皆様がご多幸でありますように!