東京都中野区 雨漏り調査

東京都中野区 雨漏り調査1129hayashi
本日は、雨漏り調査のご報告です。

今回は、雨漏りするからというご依頼で調査にお伺いしたのではなく

ご発注頂いていた内装工事を行っていての

雨漏りの発見でした。

雨漏りを発見しないと、内装工事を仕上げる事ができないので発見を

を急がなければ、仕上げ工事を行えません。

建物の外壁仕様は、鉄板サイディング貼なのですが

どうやらよく見てみると、カバー工法でもともとの外壁の

上から被せてサイディングを貼っています。

結構、雨漏りの箇所を見つけるのは苦労してしまうと想像していました。


調査に、あたって散水テストを行ったのですが、

見た目で怪しいと思っていたのが、2箇所で

窓まわりと廊下のパラペット廻りでした。

まず、窓まわりに30分程度放水を行ったのですが、変化は見られませんでした。

次に、パラペットに放水を行ってみると・・・・

2・3分放水を行ったくらいでまず階下のサイディングの1番したの場所から

水がポタポタたれてきています。

これで、サイデイングの裏側に水が入る場所は確定しました。

室内への侵入は、放水をし続けているとじんわりとですが

壁が湿ってくるのがわかりました。

おそらくもともとの外壁に目に見えているものでは無いのですが

欠損部があり少量づつ水が入って来ているのだと思います。

原因はわかったので、あとは補修を行う段取りをします。

引き渡しも控えているので、早く室内の仕上げも行わなければなりません!

あとは何事もなく無事工事終了を目指します。

では・・・・