外壁工事の専門用語集

RC
鉄筋コンクリート造りのこと
アクリル樹脂
アクリル酸エステルまたは、メタクルル酸エステルの重合体で透明度の高い非晶質の合成樹脂
上げ裏
上方に存在して、見上げることのできる部分のことを指す。階段や庇などの裏面などがある。
朝顔
道路に面した工事現場で足場から飛び出し、落下物が通行人などに危害を与えないよう設置する防護棚。
足場
建物の新築時や補修の際に用いる作業用の通路及び床
アスファルト防水
アスファルトを浸透・被覆したフェルトやルーフィングを使用し防水層を形成、コンクリートやモルタルを表面に打設し防水層を保護する工法。
アフターサービス
販売者が購買者に一定期間提供するサービス
石綿
アスベスト 天然の鉱石で繊維状鉱物の総称。建物の断熱材などに用いられたが、粉塵による健康被害の拡大により、使用を制限されている。
ウールローラー
均一な膜を塗りつけることが出来る塗装道具、サイズや毛の長さなど沢山の種類が有り、仕上りや下地など用途に合わせた物を選択する。
ウエス
道具の清掃などに使用する布。
浮き
モルタルやタイルなどコンクリートに重ねられた部分が剥がれ内部に空洞が出来ている状態。
打ち放しコンクリート
コンクリート表面に仕上げを施さず、型枠を外したままの表面仕上げ。
上塗り
塗装最後の仕上げ塗り。美観や耐久性に最も影響する。
エアスプレー
塗料を霧状に噴霧し塗装する道具。
ALC
高温高圧蒸気で作られる気泡コンクリート。軽量かつ断熱性・耐火性に優れ、壁や床材として用いられる。
エフロレッセンス
白華現象。石材やコンクリートの成分が溶け出し表面に白い結晶が付着する現象。
エマルジョン
分離する2種類以上の液体が、せん断力や超音波を受け、片方が微細な液滴となり他方の中に分散し乳化した状態。
縁切り
塗装することにより塞がった屋根材の隙間を開いていく作業。塞がったまま放置すると、雨水などが逃げ場を失い雨漏りの原因となる。
OP
油性ペイントの事。
掻き落し
仕上げの1種。骨材を混入したモルタルや珪藻土などの表面をブラシなどで掻き取り素材の質感を表現する工法。
笠木
手摺や塀などの頂部の水切り部分。
可使時間
2液混合塗料などの、反応硬化型の材料を混ぜ合わせてから使用可能な時間。
可塑剤
合成樹脂に加えて柔軟性や耐候性を改良する添加剤。
型枠
コンクリートを打ち込む際に予め木材などで組み立てる仮設の枠組み。
金鏝仕上げ
金属で作られた鏝で表面を平滑に仕上げる仕様。
被り厚
鉄筋コンクリートの表面から内部の鉄筋までの厚さ。
ガラリ
羽板と呼ばれる細長い板を枠組みに取り付けたもの。換気や通風のために用いられる。
皮すき
ケレンや縁切りに仕様する工具。
含水率
物質に含まれる水分を割合。
顔料
着色に用いる粉末で水や油に溶けないものの総称。
掻き落し
躯体
建築物の構造材部分。
クラック
建物の振動や乾湿・温度変化によって生じるひび割れ。ひび割れの程度により構造クラックとヘアークラックに分類される。
クラックスケール
ひび割れの幅を測定する道具。
クリープ
一定荷重のもとで時間経過とともに歪が増大する現象。
結露
空気中の水蒸気が温度や湿度の変化に伴い水になる現象。
ケレン
古い塗膜やサビなどを塗装前に削り落とす作業。
高圧洗浄
機械を通して水圧を上げ、古い塗膜や汚れ・カビ・藻・苔などを取り除く作業。高圧洗浄を行うことにより新しい塗料の喰付が良くなる。
合成樹脂
主に石油を原料にして人工的に製造される樹脂類の総称。
構造クラック
コンクリート構造部の内部に至るひび割れ。建物の構造的な欠陥や地震や地盤沈下などから発生する。
コーキング材
建物の気密性や防水性のために隙間に充填される材料。
腰壁
床から1.2m程度までの壁。
骨材
コンクリートなどの混合物を作る際に用いられる砂や砂利の事。
彩度
色な鮮やかさの尺度。
サッシ
窓枠・窓框の総称。
サンダー
紙やすりを取り付けて、材料の表面を研磨する電動工具。
三面接着
シーリング剤が外側以外の3面に接着する状態。動きのない目地には3面接着を行う。
シート防水
ゴムシートや塩ビシートを接着剤を用いて貼り付ける防水工法。
シーラー
塗料の密着性の向上や下地への吸い込み防止を目的に塗る下塗り材。
シーリング材
建物の気密性や防水性のために隙間に充填される材料。
しごき
コンクリートなどの表面に薄くパテを打つこと。
下地調整
塗装前に表面を塗装に適した状態にする作業。
下地補修
塗装前に塗装面の欠損部やクラックを補修する作業。
漆喰
消石灰にすさ、のり、砂などを混ぜてねったもの。瓦や石材の接着、壁の仕上げに使われる。
シックハウス症候群
接着剤や塗料など建物に使用される材料に含まれる化学物質により、引き起こされる健康障害の総称。
ジャンカ
コンクリート打設の際に、材料の分離、締固め不足、セメントペーストの漏れなどによって生じる粗骨材が集まってできた空隙。
ジョイント
合わせ目、継ぎ目の事。
仕様書
使用する材料の品質や性能、施工方法、保証内容や検査方法を詳細に記した工事内容の指示書。
シリコン樹脂
ケイ素を主剤とした合成樹脂。無色無臭で撥水性を持ち耐油性、耐酸化性、耐熱性に優れる。接着剤や塗料、防水材などの原料として使用される。
スパン
建築物や橋などの柱間の寸法。
スレート
薄い板状に加工された屋根葺きなどに用いられる材料。使用されている材料により数種類あり、2004年以前のものには石綿を含むものが有り注意が必要
セメントフィラー
合成樹脂エマルションとセメント、骨材を主体としたポリマー系下地調整材。塗装面の下地調整に使用。
素地
コンクリートやモルタルなどの素材がそのまま表面に現れている状態。
抱き足場
単管または丸太を使用し支柱の両側に水平材を固定した足場。
タッチアップ
塗装完了後、部分的に補修する作業。
中性化
コンクリートの劣化現象の1つ。本来アルカリ性であるコンクリートが大気中の二酸化炭素により、表面から中性化する。中性化が起こると内部の鉄筋に腐食が始まり、コンクリートにひび割れや剥離を引き起こす。
チョーキング
塗装表面が紫外線や熱、水分、風など影響で劣化し、表面の塗膜が粉状になる現象。
テクスチャー
表面の凹凸や塗装仕上げの模様やパターン。
鉄筋爆裂
コンクリートやALC外壁のクラックなどから水分が侵入し、内部の鉄筋やボルトが錆びることにより体積が膨張しコンクリートを押し出し剥がれてしまう現象。
透湿性
水分を透過する性質。
トップコート
塗装の上に塗布するコーティング剤。
どぶ漬け塗装
塗料の中に材料を直接漬け込む塗装方法。
内部結露
壁の中や床下、天井裏など普段見えないところで起こる結露。
中塗り
下塗りと上塗りの間の工程。上塗りと同じ塗料を使用する。
剥離
剥がれること、または剥がすこと。
暴露試験
屋外にサンプルを設置し実際の天候による影響を調べる実験。
バックアップ材
シーリング材の三面背着の回避、充填深さの調整の為に目地に装填する成型材料。
斫り
コンクリートで作られた壁や土間を少しずつ砕いて削り取る事。
パテ
下地のくぼみや穴などを埋める材料。
パラペット
建物の屋上や吹き抜け廊下などの端部に立ち上がった落下防止用などの低い壁。
ヒートブリッジ
断熱性の良い壁の一部に他の材料が貫通している等の理由で生じる熱を伝えやすい部分。
ひび割れ誘発目地
コンクリートに発生するひび割れを、予め所定の位置に発生するように設けた目地。
ピンニング
モルタルやタイルの浮き部分をステンレスピンと接着剤を用いて補修する工法。
ピンホール
塗装後に内部の空気が表面に浮上し針でつついたような小穴が生じた状態。
Vカット
表面のひび割れを補修する際にV字型に溝を掘りシーリング材の接着面積を拡大するために行う。
吹き付け塗装
吹付け塗装
プライマー
塗料やシーリング材などの付着性を高めるために塗布する下塗り材。
プラスター
石膏・漆喰・土などを水で練って塗り仕上げに用いる材料の総称。
ブリード
シーリング材に含まれる可逆材が時間とともに表面に、にじみ出る現象。
ブリスター
塗膜表面に生じる水ぶくれ。
ヘアークラック
0.2~0.3mm程度の髪の毛ほどのひび割れ。
ヘッド押さえ
スタッコ,吹付けタイルなどの模様塗りを行った直後,乾燥する前に模様の凸部頂上を平らにする仕上げ方法。
ホルムアルデヒド
シックハウス症候群の原因物質の一つとされ、非常に揮発性が高い有機化合物。合板や接着剤の中に防腐剤として使用される。
ボンドブレーカー
シーリング材の三面接着を避けるために用いるテープ材。
マスキング
塗料の付着を防ぐために行う養生。
マスキングテープ
色の塗り分けや、塗装箇所以外を汚さないために貼る粘着テープ。
見切縁
仕上げ材が異なる面が接する部分に入れる細い材料。
水切り
壁面への汚れの付着防止や雨水の侵入を防ぐ為に、窓の下枠や基礎の上に取り付ける物。
無機塗料
ガラスや鉱石など、炭素を含まない化合物で作られた塗料。分子の結合力が強く、紫外線で壊れることがないので、長期にわたり美しい状態を保つことが出来る。
明度
色の明るさを示す尺度。
目地
石やコンクリートブロック・レンガタイルなどを貼り合わせルときの継ぎ目。
面積効果
小さな面積で色を選んでしまうと、大きな面積になったとき、明るさや色味に差が生じる事。面積が大きくなると、明るい色は一層明るい色に見え、暗い色は一層暗く見える。有彩色は色味が増したように見える。
モルタル防水
モルタルに防水材を混合した防水モルタルを使用るる防水工法。
薬品洗浄
高圧洗浄の際に薬品を用いて
溶剤
他の物質を溶かす物質の総称。
養生
汚れや破損を防ぐために周囲をシートなどで覆うこと。
レイタンス
コンクリートの打込み後、内部の微粒子がブリーディング水と共に、浮上しコンクリート表面に形成するぜい弱な物質の層。
漏水
水か漏れること。外壁のひび割れなどから水が侵入し、塗膜の劣化を発生させる。
ローラー工法
専用のローラーに、塗料を含ませて、転がしながら塗装を行う工法。
ワイヤーブラシ
針金で出来たブラシ。サビ取りやケレン作業に使用する。
ワニス
透明で硬い塗膜を形成する塗料。木材などの表面を保護するために使用。