朝霞市 クラック補修

モルタル外壁のひび割れ
木造2階建てのモルタル外壁のお宅で、外壁のクラック補修を行いました。 地震などの影響で、建物が動いたときにできたと思われるひび割れが広範囲に発生していました。 内部への水の侵入はありませんでしたが、シーリング材を充填し補修しました。
クラック補修 Uカット
グラインダー(円盤状の刃物を回転させ、切削ったりする電動工具)にU字型に溝が切れる刃を取付、外壁のひび割れに沿って深さ10~15㎜幅10㎜になるようカットしていきます。
Uカット プライマー塗布
溝の外側にシーリング材が付かないようマスキングテープで養生し、シーリング材の接着を助ける、プライマーを塗っていきます。
Uカット シール充填
Uカット シール押さえ
シーリング材を充填し、へらを使って表面をならします。シーリング材は、後から塗装が出来るよう変性シリコンを使っています。
外壁クラック補修
今回は予算の都合で、シーリングの充填のみ行ったため、補修跡が目立ってしまいましたが、肌合わせ+塗装を行えば、補修跡はきれいに隠すことができます。