日野市 外壁改修工事

東京都日野市の戸建住宅のお客様です。以前より出窓部分より雨漏りがあり、その都度業者さんに診てもらっていたそうですが、シール工事や外壁塗装などをしても又すぐに漏れ始めてしまうとの事で、調査、診断の依頼がありました。
何日かに分けて放水テストや赤外線診断、室内の壁紙の浮きやカビなどの調査を行った結果、外部の幕板(タイル面の最上部)より全体的に雨漏りがあることが判明いたしました。しかし、1F部分の防水紙の下の構造用合板がどれだけ傷んでいるのかは、解体してみないと分からない為、全体的に貼替る計画を立てました。が・・・建物は2×4で構造用合板で強度を保っている・・・そのため、構造計算の専門家にアドバイスを頂きながら施工を進めていく形をとりました。
before
ジョリパット

horizontal
after
ジョリパット

足場架設後、タイルを剥がしていきます。出窓部分は防水紙の施工不良も見受けられましたが、やはり長年の雨漏りにより、かなり構造用合板、その下地材も傷んでいました。

外壁改修工事

外壁改修工事

外壁改修工事

外壁改修工事

外壁改修工事

外壁改修工事

既存モルタルも防水紙が継げる部分迄カットしながら下地合板とその下地を取替、または補強するという、部分的な施工を繰り返し、腐食部の交換は無事終了です。断熱材の入替や床暖房、エアコンなどの着脱などがあり、ここまでで約一か月でした・・・構造用合板を施工した後は防水紙の施工です。開口部や取合い面で、防水の欠損が出ない様に細心の注意を払い施工しました。
防水紙の施工が終わると、たまたま3、4日か雨が降りましたので、ちょうど漏れ部の確認もできたような感じでした。
が、チェックはチェック!出窓部など旧不具合がある部分は納まりも難しく、放水テストも行ました。水漏れは確認できませんでしたので、次の左官工事に着手する事となりました。

外壁貼替

外壁改修工事

外壁改修工事

外壁改修工事

左官工事が無事終わると、2週間の養生期間を置いて、次はいよいと塗装工事です。
お客様の希望により、アイカ製のジョリパット2色塗りです。

せっかくなので、沢山の色見本を取り寄せ、選んで頂きました!!悩んだ末にピンクと白の2色を使いワイルドな仕上げをご希望されました。
外壁改修工事

外壁改修工事

外壁補修

シーラー塗布後、下塗りを共色で行ます。
仕上げは2色を「こて」の上で混ぜながら進んでいきます。お客様にも立ち会って頂き、終始監督業務をしてもらいました(笑)
塗装が終わると、配線やエアコンカバー、床暖房の再稼働のチェックなど設備もろもろの工事を終えて、足場解体です。
全行程3か月近くに渡る工事となりました。
建築時より悩まされてきた雨漏りがなくなり、お客様も大変喜んで頂けました。
当社も貴重な経験をさせて頂き、感謝しております。
ありがとうございました。
外壁改修工事

外壁改修工事

外壁改修工事
ジョリパット

ジョリパット

外壁改修工事