北本市 外壁塗装工事

北本市にある、S様のお宅です。木造2階建てサイディング外壁の塗装工事をご依頼をいただきました。
築25年で、初めての外壁塗装工事です。南面外壁の劣化と、目地部分の劣化を気にされ、ネットで検索し弊社にご連絡いただきました。
塗装後20年以上何もしなくて良いようにとのご希望でしたので、AGCコーテックのルミステージをご提案させて頂きました。
外壁塗装

建物診断

シーリング劣化
サイディング目地部分のシーリングは、劣化により、ひび割れ、破断を起こしています。
サイディング劣化
バルコニー笠木の下より浸水し、基材内部に入り込んだ水分が膨張することで、サイディング表面にひび割れを発生させています。

サイディング劣化
サイディングを抑える釘より浸水し割れてしまっています。
サイディング反り
目地シーリングの劣化によりサイディングの木口より吸水し、反りが発生しています。
瓦の釘抜け
瓦を抑える釘が抜けて、飛び出してしまっています。
板金の錆
屋根の谷部分の板金の塗膜が劣化し錆が発生しています。
FRP防水
バルコニーのFRP防水面のトップコートに劣化が見られます。
ベランダFRP防水の劣化
所々、防水層に浮きが見られます。防水層が下地から剥離している状態です。放置すると割れの原因となります。

下地工事

付着テスト

付着テスト

S様のお宅の外壁は、築25年で初めての外壁塗装にも関わらず、チョーキングの発生もなく、表面に艶があり、非常に劣化の少ない状態でした。最初に塗られていた塗料が特定できなかったため、付着テストを行いました。
サイディング目地シール
サイディングの目地にカッターを入れ、既存のシールを撤去します。
シール工事
サイディング目地部分は、全撤去打ち換え、窓廻りなどの開口部は、不良部分を打ち換えて、増し打ちを行いました。
今回シーリング材は、
外壁塗装の耐久性に合わせて、オート化学のオートンイクシードで行いました。
瓦ビス止め
瓦から抜け出てきた釘を専用のビスに交換します。
ビス頭シール
抜けていない釘は、頭にシーリングを行い抜けてこないようにします。

外壁塗装

バリヤーコート
下塗の前に、バリヤーコートをシーリングの上に塗っていきます。 シーリングからのブリードを遅延させる効果があります。
外壁下塗り
下塗り材のルミステージEFP着色プライマーを塗っていきます。


中塗り
中塗りの、ルミステージ水性ミドルコートを塗っていきます。今回は、低汚染仕様を選んで頂いたため、中塗りと上塗りの塗料は異なります。

上塗り
最後に、ルミステージ水性エナメル低汚染防藻GTで仕上げていきます。
ケレン
金属部分は、しっかりとケレンし、錆や汚れを落とします。
錆止め
下塗に、ニッペハイポン1液ファインデグロで錆止め塗装を行ないます。
付帯部塗装
付帯部はニッペファイン4Fセラミックを2回塗りし、仕上げていきます。
付帯部塗装

FRP防水工事

FRP防水
防水層が剥がれて浮いている部分を撤去します。
FRP防水
表面の艶がなくなるまで目荒らしし、アセトンで拭いていきます。
FRP防水
FRPを撤去した周囲をシールで塞ぎます、
FRP防水
ガラスクロスで補修していきます。
FRP防水
全体にガラスクロスを敷き詰め行きます。
FRP防水
ポリエステル樹脂を塗り込み防水層の完成です。
FRP防水
表面保護のトップコートを塗っていきます。今回は、日本特殊塗料株式会社のタフシールトップ#300遮熱グレーでトップコートを行ないました。
FRP防水
2回めの塗料に骨材を混ぜて塗布し防滑仕上げにして完成です。
S様には、内装工事のご依頼も頂きました。
毎年点検にお伺いしますので、これからもよろしくお願いします。