中野区 新規フェンス工事

【工事のきっかけ】
 隣の建物との境界をはっきりとさせておきたいとご相談頂き、フェンスの取り付けをご提案させて頂きました。
フェンス工事
中野区で敷地境界部分にフェンスの新設工事を行いました。 重量ブロックを2段積み、その上にフェンスを取り付ける工事となります。
フェンス工事境界
水盛り・遣り方を行ないます。境界表示板を基準にし、水糸を張りブロックを積む位置を正確に出します。
カッター入れ

既存土間ハツリ

既存の土間を撤去します。水糸を張ったラインの下にグラインダーで切り込みをいれ、電動ハンマーを使って土間を粉砕していきます。ブロックの基礎を作るため深さが15㎝程度になるよう掘りこんでいきます。
砕石 鉄骨 コンクリート
砕石を敷き、突き固めたあと、80cm間隔で鉄筋を入れ、コンクリートを流し込み、上面が水平になるよう念入りに調整し基礎を作ります。
ブロック積み

ブロック積み

水糸にあわせてブロックを積んでいきます。
フェンス支柱部分を除き、ブロックの穴にコンクリートを詰めていきます。
フェンス支柱
先日、残しておいたブロックの穴にフェンスの支柱を埋め込んでいきます。
水糸にあわせて水平・垂直がずれない用慎重に作業を行ないます。

フェンス工事完成
支柱が固まったら、フェンスを取付けて完成です。 非常に狭く作業しづらい現場でしたが無事に工事が完了しました。