東京都 練馬区 ブロック塀補修・塗装工事

以前外壁塗装を施工させて頂いたお客様です。
地震以降、「塀のヒビが大きくなって崩れないか心配」というで調査依頼がありました。
調査にお伺いすると、かなりの範囲で、ブロック塀に塗ってある化粧モルタル面の剥離がおきていました。
笠木(一番上にあるモルタルの板)のヒビ割れがあり、そこから雨水が浸透して、ブロック塀に塗ってある化粧モルタルを浮かせていました。
浮いている部分は一度剥離し、復旧させて頂く事となりました。
ブロック工事

ブロック工事

ブロック工事

打診調査後、ハツリ機を使用し、浮いている部分を撤去していきます。
その後、高圧洗浄を行い、細かい汚れを一度きれいに落としてから、「カチオン」を塗布し、左官工事にて復旧作業を行いました。
ブロック塀補修

ブロック塀補修

左官補修工事が終り、2週間程度間をあけて、細かな模様合わせとなる「吹き付け」工事を行います。
シーラー塗布後、吹き付け作業・・・周辺と違和感ないように模様を付ける作業です。
その後、左官していない面にシーラー塗布を行い、中塗、上塗りと仕上げていきます。
ブロック塀改修

ブロック塀改修

塀の裏も、細かいところもシッカリ塗装させて頂きました。
補修部分とそうでない部分の違和感も全くないように仕上がりました。
塀がきれいになると、家自体も見た目、メリハリがでて新しいお宅のようでした。
ご主人、奥様とも大変喜んで頂けました。
ありがとうございました。
ブロック塀改修

ブロック塀改修

ブロック工事

ブロック工事