埼玉県川口市 出窓シーリング工事

〈工事経緯〉
「10年ほど前に雨漏りが発生し、ハウスメーカーに直してもらったが、数年後にまた同じ部分から雨漏りが発生。
5年ほど前に外壁塗装を行い、しばらくは大丈夫だったが、最近また雨漏りが発生してき」たとのご連絡を頂き、調査を行わせて頂きました。

調査の結果、出窓庇上のシーリングの劣化が見つかり、シーリングの打替え工事を行う事となりました。


ニシモリOLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨漏りOLYMPUS DIGITAL CAMERA

雨漏りOLYMPUS DIGITAL CAMERA

2FリビングのL字型の出窓から雨漏りをが発生しているとのことで、まずは、室内から雨漏りの発生している部分を確認させて頂きました。

サッシ裏には、水が染み出ている長期にわたり雨漏りが発生している痕跡が確認できました。また、雨漏りの影響で柱周辺のダイノックシートに膨らみが発生しています。


出窓 雨漏り調査
ニシモリOLYMPUS DIGITAL CAMERA
梯子を掛けて出窓の上を覗いてみます。
外壁と出窓の取合部分は、5年前の塗装の際にシーリングが打ち替えられており、シーリングの上に塗装が施され、劣化による、剥離、ひび割れなどは見受けられません。

出窓の継ぎ目部分に施されたシーリングに、破断が見られます。
L字型で、比較邸大きな出窓ですので、新築の際に3分割された状態で搬入され、現場で組み立て、取り付けた後に、シーリングで止水処理を行っているものと思われます。
このシーリングの裏には、出窓の接合部が隠されており、破断すると確実に雨漏りにつながります。

窓の上は、3階のバルコニーになっていますので、そちらも確認させて頂きました。ちょうど角の部分にバルコニーの排水があるので、その周辺からの水の侵入も考えられます。
こちらは、目立った傷や、劣化など雨漏りの可能性がありそうな部分は見当たりませんでした。


雨漏りは、出窓上部のシーリングの劣化が原因である可能性が高いとの調査報告書と、シーリング打替えの御見積書をご提案させて頂き、シーリング打替え工事を行う事となりました。


仮設足場
仮設足場
まずはじめに、出窓上での作業を行うために、仮設足場を設置します。
ポリカーボネートの庇が邪魔になるため、一部分取り外しました。

出窓シーリング打ち替え
出窓シーリング打ち替え
出窓正面のカバーを取り外し、継ぎ目部分のシーリングを撤去します。

シーリングの裏には、雨水と一緒に侵入した土埃が確認できます。
シーリング奥の隙間は、壁の内部へとつながっていました。


以前の打ち換えでは、シーリングを完全に撤去せず、表面をV字型に取り除いただけで、シーリングを打ち替えた形跡が見られました。
サッシとの接着部分が数ミリしか取れないため、補修後すぐに雨漏りが再発したものと考えられます。
出窓シーリング打ち替え
出窓シーリング打ち替え
既存のシーリングを残さず取り除き、シンナーを使用して清掃後、シールプライマーを塗布します。
出窓シーリング打ち替え
出窓シーリング打ち替え
正面カバーに隠れてしまう、ビス廻りなどの、浸水の可能性がある部分のシーリングをサキノに行います。
出窓シーリング打ち替え
ニシモリOLYMPUS DIGITAL CAMERA
正面パネルを戻した後に、継ぎ目部分のシーリングを行います。
今回は、シーリングの厚みを取れるよう、ブリッジ工法でのシーリングを行いました。

シーリングは、紫外線の影響により劣化するので厚みをもたせることで、シーリング内部の劣化を遅らせ、長持ちさせることが可能となります。
出窓シーリング打ち替え
出窓シーリング打ち替え
足場を解体し、ポリカーボネートの庇をもとに戻し、周囲を清掃して作業完了です。

ブリッジ工法のために貼り付けたバッカーは、シーリングの乾燥後、梯子を使用して取り外しました。