埼玉県鶴ヶ島市 外壁塗装工事

〈工事内容〉
木造2階建ての戸建て。
外壁は「窯業系サイディング」、屋根は「陶器瓦」、ベランダは「FRP防水」です。

屋根は陶器瓦で、劣化もなく塗る必要が無いため洗浄と棟板金の塗装
外壁工事は、水谷ペイントのシリコン塗料で塗装を行いました。
ベランダの防水は、防水層1層+トップコートを行っています。

また、あまりない事例ですが、タイルのシーリング工事も行いました。
屋根・外壁塗装工事
ホソダOLYMPUS DIGITAL CAMERA
ホソダOLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面塗膜の劣化が確認できます。
チョーキング現象(塗膜の樹脂が劣化で分離し、外壁に触れると粉が指に付着する現象)が発生しています。
コケ・カビの汚染も見られました。

シールOLYMPUS DIGITAL CAMERA
シールOLYMPUS DIGITAL CAMERA
サイディングで重要となるのが、シーリングです。
こちらの家屋では、「破断」の状態にあり、このまま放置してしまうと雨水の侵入を招いてしまいます。
雨水が侵入することで、サイディング表面の剥離やサイディング材の反りにも繋がります。
剥離は、補修すれば直らないこともないですが、基材の反りは、釘で固定する程度で完全に元通りにはなりませんのでご注意ください!

P9070176
配管OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左の写真では、シーリング上に竪樋が取り付けられています。
シーリングが劣化すると金物を伝い、建物内部の大切な柱まで雨水の侵入し、柱を腐食させてしまいます。
工事の際には金物を交換して、正しい位置へと取り付けを行います。

右の写真では、配管貫通部に隙間が発生しています。
ここから害虫が侵入してしまいますので、シーリングで塞ぐことが大切です。

目地OLYMPUS DIGITAL CAMERA
目地OLYMPUS DIGITAL CAME

あまり見られない事例です。
タイルの裏に外壁パネルの継ぎ目が存在しています。上からタイルが貼られていますので、サイディングの目地のように簡単には補修できません。
放置するわけにもいかず、客様と相談して目地の上のみシーリングを行う事になりました。
屋根高圧洗浄
高圧洗浄
高圧洗浄
高い所から洗浄を行っていきます。
屋根瓦の塗装は、行いませんがしっかりと洗浄を行いました。
外壁塗膜のチョーキングもかなり進行していたため、入念に洗い流します。
シール工事
シール工事
洗浄の後は、シーリング工事になります。
左の写真は、棟板金のシーリングの様子です。シーリング材は、ある程度厚みを持たせることで耐候性を確保しているため、両脇に5㎜のバッカーを貼り付けてその間にシーリングを打つブリッジ工法で施工しました。

外壁は、サイディングの目地、窓廻りのシーリングの打替えを行っています。

シーリング材は、耐候性が非常に高いオート化学のオートンイクシードを使用しました。

タイル目地シール
タイル目地シール
タイル裏側の外壁パネル継ぎ目部分は、タイルに細かく養生をまわし、一か所ずつ丁寧にシーリングを打ち込んでいます。

棟塗装
外壁塗装
屋根は棟板金のみ塗装を行いました。ケレン後、日本ペイントの1液ハイポンファインデグロで下塗りし、シリコン塗料ファインSiを2回塗りしています。

外壁は水谷ペイントのナノコンポジットシーラーⅡで下塗りを行い、中・上塗りは、ナノコンポジットW防藻+を塗っています。




FRP防水
FRP防水
バルコニー防水は、ケレン後にアセトンを使用して拭き掃除を行い、
防水層を1層形成し、トップコートを塗布しています。
最後に窓廻りなどの清掃を行って、引渡ししました。