品川区 屋根外壁塗装①

先日、無事に工事が終了した品川区のお宅です。
今回は住宅診断時の様子をご報告します。 1年ほど前に中古物件をご購入され、3階の窓枠からの雨漏りがあると相談を頂き、診断にお伺いしました。
窓枠より雨漏り
雨漏りが発生している窓の写真です。診断時雨は降ってませんでしたが、雨漏りの痕跡が残っていました。
外壁から侵入した雨が窓枠の上にたまり、窓枠のビス穴より漏れてくることがまれにあります。
外壁補修跡
外を覗くと、窓枠上部に補修された痕跡が見られます。外壁全体にクラックの発生が見られます。
窓枠補修跡
窓枠の横部分は、シーリングが施工されていました。
南面外壁
建物全体の塗装は艶消しで施されていますが、雨漏りが発生している南面の外壁だけ表面の塗装に艶があり、この面だけ塗替えが行われているようです。
3階窓廻りの雨漏りですので原因の特定には、仮設足場の設置が必用となります。
屋根や、バルコニー防水など一通り診断させて頂き、全体的に劣化が見られますので、足場を組むついでに全体の塗装工事も同時に行うよう御提案させて頂きました。