品川区 屋根外壁塗装②

引き続き、下地工事の様子をご紹介します。
外壁雨漏り補修
雨漏りしていた、窓枠の上部を解体し内部の確認を行います。下地を傷つけないように、表面にグラインダーで切り込みを入れマイナスドライバーで、少しずつ解体していきます。
外壁の雨漏り補修
前回の補修では、外壁を解体する際に、切り込みを入れすぎて窓枠に被っているはずの防水紙をカットし、その下の構造用合板まで、傷つけてしまっています。また、窓枠には、傷が入り穴が開いていました。 窓枠と防水紙の間をシーリング処理し、その上に左官を行う事で補修していたようです。
アスファルトシート
既存の防水紙の下に新し防水紙を差し込みたっかのですが、構造用合板に貼り付いてしまい、めくると、ビリビリと破れてしまうので、両面ブチルゴムテープを用いて、上に貼り重ねました。
ブチルゴムテープ
既存の防水紙との境は、片面ブチルゴムテープで塞ぎ、周囲をシーリング処理しました。
クラック補修
ひび割れ部分は、グラインダーでV字型にカットしシーリング処理を行いました。 シーリングが乾いたのを確認して、外壁高圧洗浄を行いました。窓廻りなどを重点的に水をかけ雨漏りが止まったことを確認しました。
外壁補修 ラス網
外壁補修 左官
補修部分に、モルタルが流れ落ちないように、ラス網を貼り、付着力を高めるプラゾールを塗布してから、ケイモルを使って、表面を平らにしていきます。
ジョリパット 肌合わせ
最後に、ジョリパットで肌合わせを行い。下地補修は終了です。