東京都 杉並区 外壁塗装・瓦屋根補修 門扉交換工事

杉並区にある戸建住宅の屋根の補修と外壁塗装と瓦の補修工事です。
棟の瓦がずれているように見える事と、建物の真ん中にある幕板が腐食しているように感じるとの事で、調査のご依頼を頂きました。
調査させて頂くと瓦下に充填されているはずの漆喰がかなり劣化しており、なくなってしまっている部分がありました。棟も波打つようにずれていました。幕板部分も外見上はあまり分からなかったのですが、打診すると空洞の音がする部分もありました。雨水にかなり浸食されているようでした。
その他に、ベランダの波板の屋根下地の垂木の痛みや、外壁のクラックもあり、屋根の補修と外壁塗装を施工させて頂く事になりました。
before
門扉交換

horizontal
after
門扉交換

足場を設置し、シートを張ると、まずは瓦屋根の補修工事と周辺鉄部のケレン作業からスタートです。古くなった波板なども剥がしていきます。
仮設足場

仮設足場工事

瓦そのものの状態は比較的良好でした。瓦の下にある漆喰の経年劣化と地震や台風などで少しづ棟の瓦がズレてしまったのだと思われます。そのため今回は棟瓦の補修工事となりました。一度棟の部分を全て撤去し、耐震工法にて施工しました。
瓦補修

瓦葺き替え

棟の瓦補修後、谷の板金部の錆対策として、セプターという防錆材塗布後、エポキシ系錆止めを塗装しました。周辺鉄部のケレン作業も終わり、高圧洗浄工事です。1F部分はクラックからの雨水の浸透でコケなどが繁殖していましたので、バイオ洗浄を行いました。
屋根瓦葺き替え

高圧洗浄

塗装前の下地工事です。傷んでいるカ所を撤去し、補修していきます。又クラックはエポキシ樹脂の注入工事を行い、ヘアークラックは樹脂モルタルの刷り込み、サッシとモルタル壁、板金部とモルタル壁など異種建材の接合部にはノンブリードタイプのウレタンシーリング材にて施工しました。
OGS工法

軒天補修

軒天補修

柱の腐朽

外壁塗装

外壁塗装

クラック補修

面格子補修

廻縁補修

玄関ポーチの裏側は不燃材化粧材で仕上げ、廻り縁を取付、取替完了です。波板下地の屋根タル木は、使用できるヶ所は再利用して、不良個所のみ取り換えました。ラワン材を加工し、さらに防腐材と塗布してからの取付です。家の真ん中にラインとして入っている幕板も同様、裏表すべてに防腐防虫材を塗布してからの取付です。もちろん防水紙も施工してあります。モルタルの欠損部やシロアリに食べられてしまったパーゴラの柱などの補修、門扉の錆とりなどの下地工事をすべて終え、塗装工事に入ります。
外壁塗装

テラス補修

廻り縁補修

下塗り、中塗り、上塗りと進んできます。木部は防腐剤をしみこませてからの通常塗装の為、4回塗りです。
外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

手摺塗装

最後に玄関前の意匠部の仕上げ塗装とベランダ、駐車場の波板を貼り、門扉の取替2ヶ所、ポスト、インターホンなどを取替工事終了です。
外壁塗装
波板交換
外壁塗装

門扉交換