東京都 杉並区 屋根外壁塗装、防水工事

東京都杉並区のお客様です。以前向かいのお宅を塗装させて頂いた事があり、ご紹介頂きました。
新築時から程なく、ベランダからの雨漏りが続いているとの事で、特に、構造材に傷みやシロアリなどの被害がないかも含めて調査、診断させて頂きました。塗料材の選定やカラーコーディネイトでも積極的にご参加頂きました。
before
屋根外壁塗装

horizontal
after
屋根外壁塗装

足場を組んでいきます。この現場は雨漏りの影響やベランダの手摺周辺部など「要調査」の個所が何カ所かありましたので、足場を架設後、細かく調査をしていきました。その後高圧洗浄を行いますが、「水みち」の確認も含めて、放水テストも兼ねた洗浄工事を行わせて頂きました。
単管ブラケット足場

外壁塗装

ベランダ側溝

外壁塗装

クラック補修

外壁塗装

屋根の洗浄後です。コケやカビなどと一緒に旧塗膜はほぼ撤去され、素地(基材)に戻っています。
屋根足場

屋根ケレン

ベランダからの雨漏りヶ所の特定と患部です。旧塗膜をめくり上げると、下地の鋼鈑が出てきました。鋼板を指で押すと抜け落ちるような状態です。新築後まもなくとの事でしたので、何らかの原因で塗膜剥離が起こり、塗膜と下地鋼鈑の間に雨水が入り、徐々に周辺も劣化させていったのだと推測できます。
ベランダ側溝

ベランダ側溝

ベランダ側溝

雨漏り

ベランダの手摺からの雨漏りです。トタンの笠木の隙間から雨水が浸透して、中の木材を腐らせていました。
手摺自体は再利用しますが、その他は全撤去する事になりました。下地のタル木、その上の板材もすべて防腐材を塗装しながら、取付て行きます。R部分もうまくトリマーで型を取って現地にて制作、取付していきます。
最後に、ゴムアス系の「ガムロン」でシッカリ覆って、下地の完成です。
笠木補修

ベランダ手摺補修

ベランダ手摺補修

ベランダ手摺補修

ベランダ手摺補修

笠木補修

笠木補修

笠木補修

クラック処理とシーリング処理です。異種建材の取り合い部分にはシッカリシーリング処理を行い、モルタル面の水の吸い上げを防止します。またクラックにはエポキシ樹脂を注入してきます。下地工事がすべて終わり、自社検査終了後、塗装工事に入ります。
コーキング

コーキング

コーキング

コーキング

コーキング

エポキシ樹脂注入

エポキシ樹脂注入

エポキシ樹脂注入

ベランダの床の防水工事です。穴の開いている鋼鈑部分には、ステンレス鋼鈑を成形して上から接着した後、防水工事を行いました。
プライマー塗布後、シートを貼り、その上にウレタン防水です。トップコートはシリコンです。今回は「タジマ」さんの防水材を使用いたしました。通常の防水工程より倍近い工程の防水工事になりましたが、これで安心、安全です。
ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

ベランダ防水工事

屋根塗装です。
屋根は浸透系エポキシシーラーを2回塗布後、タスペーサーを挿入し、遮熱塗料の「ガイナ」を3回塗りしました。
屋根塗装

屋根塗装

下地、中塗、上塗りをしていきます。今回は、モルタル面表層の劣化により細かなひび割れが多かったため、微弾性下地材を2度塗りさせて頂きましたので、合計4回塗りとなりました。
又、ベランダの雨の筋が目立つということで、仕上げ終了後、ベランダ部外面のみに「ピアレックスANプラス」という光触媒フッ素コーティング材も吹き付け塗装させて頂きました。点検が楽しみです。
外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

付帯部もシッカリ塗装させて頂きました。色の塗り分け部分もはみ出しなどが無くとても綺麗に仕上がりました。
足場解体日には立ち会えなかったのですが、(当社職人のみで解体しました。)足場を外した後、オーナー様より、「すごい綺麗に仕上がってますよ。早く見に来て!!」と連絡を頂きました。とてもうれしく思いました。(翌日お邪魔しました・・)
難易度の高い工事が数か所あり、日数をオーバーしてしまいましたが、しっかり塗装、防水させて頂きました。
ありがとうございました。
屋根塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装

外壁塗装