屋根工事の工程

工程と屋根塗装のこだわり

屋根の塗装工事にもいろいろありますが、近年、住宅屋根の種類で一番採用されている化粧スレート瓦で、実際の屋根の塗装工事とその手順をご紹介します。


高圧洗浄工事

水道水を高圧洗浄機にて、ホースの先端に取り付けている洗浄ガンの先から高圧噴射し、コケ・藻・カビ・塗膜隔離部・汚れなどを根こそぎ、削ぎ落としながら洗い流す工事です。雨樋等の詰まりもすべて除去します。
10年も経つと屋根の上はコケだらけ!!
しっかりと汚れを落とす事により、新しく塗布する塗膜の定着を促します。
高圧洗浄工事

高圧洗浄工事

ケレン工事

棟板金部は高圧洗浄だけでは不十分!
サンドペーパー・ワイヤーブラシ等を使用し、ケレン、目荒らしします。

【コダワリ!!】
「目荒らし」とは、こまかな傷をつける事により表面積を大きくすると共に、高圧洗浄では落としきれない劣化部の撤去を目的とします。より錆び止め材の密着力の向上を目指します。
又、錆び等は、グラインダーという研磨機を使い取り除いていきます。
このようにして作られた下地は、新しい塗膜と密着しやすく、耐久年数にも大きく関わってきます。
ケレン工事

ケレン工事

下地補修工事

≪棟押え≫(棟包とも言う屋根頂部にある金物等の部材)

・棟押え板金が長年の雨や風による影響で、接合部の錆・変形・釘の浮き、等の症状を起こしている場合は、そのまま放置しておくと雨水などの侵入による棟木(棟押えを釘等で留めて置く木)の腐食が進み、留めている釘が効かなくなり、最悪の場合、風と共に棟押えが飛んで行ってしまい、雨漏りの原因になります。

・棟押えの変形を直した後、釘を打ち込み直し、棟押えと棟押えの接合部や釘頭へ固定と防水を目的としたコーキング処理を施し、【コダワリ!!】その上から棟の錆び止めを塗装します。
下地補修工事

下地補修工事

下地補修工事

下地補修工事

下地補修工事

下地補修工事
下地補修工事
下地補修工事

下塗り工事

下塗りとして「シーラー」(プライマー)を塗布します。
建物調査時の劣化具合により「シーラー」の種類が決まる他、塗布回数も決まります。

素材と中塗り材の密着が目的の為、洗浄時にほぼ基材になってしまったスレートなどは1度目の塗装では、ほぼ全て吸い込まれてしまい、効果が半減してしまいます。10年以上の間隔で塗り替えをする場合は、ほとんどが2回以上塗布する事となります。

徹底的に洗浄し、下塗りを2度、若しくは3度塗ること【コダワリ!!】により、新しく塗布する塗料の密着力を高め、塗膜の耐久性、性能、機能を最大限発揮させる事ができます。
下塗り工事

下塗り工事

タスペーサー挿入

シーラーが乾いた後、「タスペーサー」を瓦の重なり部分に差し込み、隙間を作り出す事により内
部からの湿気や水分の逃げ道をしっかり確保します。【コダワリ!!】
タスペーサー挿入
タスペーサー挿入
これまでの下地処理の工程を経て、初めてお客様が選定された塗料を塗布して行きます。

中塗り

中塗り

中塗り

上塗り

スズカファイン/エポーレ
※スズカファイン/エポーレ

日進産業/ガイナ
日進産業/ガイナ

普段あまり目にする機会の無い屋根施工の手順でした!



屋根塗装のこだわり
どうせ塗装をするなら、1年でも長く、その機能を失わず長持ちして貰いたい!!というお客様の想いは、私共も同様です。やねかべパークの「屋根塗装のこだわり」という施工面では、やはり下地へのこだわりが一番です。どの住宅でも一番過酷で一番劣化の激しい屋根を、いかに長持ちさせるか!!は私共にとりましても至上命題です!!

例えば・・スレート屋根、築15年程度経過し、外壁塗装の際に、合わせて屋根塗装・・・塗装工事と葺き替えを視野に入れて検討しなければいけない時期でもあり、屋根素材の傷みが一定の状態を超えていると、復旧が難しい為、次回、又はそれ以降の計画をどう立てていくかで、メンテナンス費用と次回施工時期が変わっていきます。塗装で可能な場合でも、初回の経年の放置分、メンテナンスの費用が高くなる場合が多いのです。施工側としましても、後悔の無いしっかりとした「屋根塗装工事」をご提供するために、こだわりのある下地工事を実施しております。



hajimete1
実際、雨漏り、風害などの案件以外で、「屋根塗装のみ」を当社にご依頼される方はほとんどおりません。
外壁塗装の際に・・という事が圧倒的に多いのですが、普通の住宅で、一番劣化の進行が速いのは間違いなく「屋根」です。
人の体で言えば、内臓など見えないところに疾患があり、症状が表面に出てくる頃には、かなり悪くなっている・・というような事があります。その為に早期発見、早期治療が、費用はもとより、他の様々な面でも良いとされています。
住宅の屋根も普段は見えませんが、劣化、損傷は比較的軽度のほうがメンテナンス費用を抑えられる他、これからの計画の選択肢も広がります。ですから外壁の劣化ではなく「屋根の劣化」に合わせて、全体のメンテナンスを考えていくほうが、より普通で、より合理的な考え方だと言えます。

毎年無料点検の理由!
「初めての外壁塗装の時期は「屋根」の劣化を中心に!!」は、今まで建物診断をさせて頂いたお客様のデータを基に、より「安心」とは何か?を当社で考えた結論です。
外壁が劣化して塗装可能な限界の時点では、屋根は手遅れ・・「葺き替えですね!」という事が多々ありました。

無料点検させて頂く事により、劣化の進行状況もお互いに把握できますし、その都度、選択肢のアドバイスも可能です。
屋根塗装は1回だけではなく、2回、3回と続いていくメンテナンスなのです。計画的に行う為には、現況だけではなく、その推移まで見守ることができたら・・と、これが私共、やねかべパークで築5年以降の「屋根」の無料点検を行わせて頂いている理由です。
人の体と違って、屋根はいつでも点検できます!!やねかべパークは、住宅の「水先案内人」として「お客様のリスクの軽減」に貢献し「安心」を届けたいと考えています。

普段屋根の劣化を、お客様自身で確認する事も、絶えず気にすることも、実際には難しいことです。
5年を過ぎたら、やねかべパークの無料点検をご利用下さい。
毎年点検にお伺いし、写真等でご報告致しますので、劣化の進行具合がまるわかりです。



無料点検のご依頼