屋根の劣化フロー

屋根の劣化フロー
上の図のように劣化は進んでいきます。
屋根の寿命は屋根材表面の塗膜に依存することが多く、早めに手入れをする事で、比較的簡易なリフォームで済む場合も多いのですが、あまり目にする機会がないため、頃合いを逃してしまうことも多いものです。
外壁塗装の際に・・・など屋根の劣化のサインを見逃したままでは、下地から葺き直さなければいけない・・・なんてことになってしまいます。


メンテナンスサイクル
外壁に関してもそうですが、特に過酷な状況に置かれた屋根は、何度でも塗装ができるというものではありません。
下地処理をするとはいえ、古い塗膜の上に何度も塗装をするとやはり付着力が落ちますし、又素材自体の伸び、チヂミ、経年劣化が塗膜に与える影響も等も手伝って塗膜自体の耐久年数は短くなっていきます。

又、近年ほとんどの新築で採用されているスレート系の屋根は、塗装を重ねる事によって瓦の上下の重なり部分の隙間の確保ができなくなります。すると屋根材の裏に侵入した雨水の逃げ道が無くなり、雨漏りの原因ともなります。
やねかべパークでは、このような事にならないように「タスペーサー」と呼ばれる専用の金具を利用して、屋根材の間の通気、水の逃げ道を確保しています。

瓦と瓦の重なり合う部分にタスペーサーを差し込む事により、瓦の重なり合う部分に隙間を作りだし雨水による瓦内部への毛細管現象を軽減させる働きをします。
タスペーサー

タスペーサー

tasupe

隙間を設けていない場合、瓦を留めている釘頭まで雨水が侵入し、そこから雨漏り等を引き起こしかねません。
下地内部の腐食

下地内部の腐食

内部に侵入した雨水はもとより、室内側から来る湿気の行き場がなくなると、内部結露を起こし下地内部の腐食を進行させ建物全体をむしばんでいきます。
それだけタスペーサーを使用して、隙間を空ける事はとても重要な事になります。

やねかべパークでは、このような「タスペーサー」と呼ばれる専用の金具を利用して瓦の重なり部分の隙間を確保する施工を標準仕様としていますが、2回目以降の屋根塗装ともなると、その隙間の確保が難しいのです。
そのため、「屋根の塗装工事」では、家を守る事が難しくなり、「屋根を葺き替える」時期が訪れます。

屋根の葺き替えは、塗装する場合よりも大きな費用が必要です。いずれは葺き替えなければいけないとしても、生涯設計の中でリフォーム費用を低く抑えたいという思いは、皆様共通だと思います。
屋根の劣化

チェック
このように、早めの劣化チェックを行い、計画を立て、適切な時期に上手にリフォームする事が、長期にわたり、屋根がその機能を失わずマイホームを守ってくれる事となります。

いずれやってくる屋根の葺き替えの時期を最大限遅らせるということは、生涯に必要な屋根リフォーム費用の節約の他、雨漏り等の心配をしなくともよい安心感もあります。


しかし、定期的なチェックといっても、やはり屋根は「高い所!」
「登る」ことだけでも難しい場合も多く、さらに「診る」という劣化の進行具合の判断はなかなか難しいものでもあります。
登る際にけがでもしたら、それこそ元も子もありません。

やねかべパークではご依頼があれば、お客様を登録させて頂き、5年を過ぎた屋根を毎年無料点検いたします。
ご自宅の屋根の「今」を毎年報告いたしますので、お気軽にご相談下さい。もちろん押し売りなどは一切いたしません!!

年数が経っている
年数が経っている
かなり色褪があせて見える
コケなどが見える
錆びが発生している
錆びが発生している
瓦がずれているような・・
瓦がずれているような・・
など、少しでも気になる事があれば、お気軽にご相談下さい。無料で点検にお伺い致します。