無機ハイブリッドシリーズ 株式会社アステックペイントジャパン

無機ハイブリッドシリーズ
・無機ハイブリッドコートJY(弱溶剤形2液屋根用変性無機系上塗材)
無機ハイブリッドコートJY-IR(弱溶剤形2液屋根用変性無機系上塗材)
・無機ハイブリッドクリヤー(水性形2液サイディング用変性無機系クリヤー材)
無機ハイブリッドクリヤーJY(弱溶剤形2液サイディング用変性無機系クリヤー材)

無機ハイブリッド
超耐候性を実現した無機ハイブリッド塗料に遮熱機能を加えた、屋根の表面や室内温度を下げる遮熱塗料です。
無機
無機とは・・・
ガラスや鉱石など炭素を含まない化合物のこと。分子の結合が強く、紫外線で壊れることがないため、長期にわたり美しい状態を保つことができます。

一般塗料は塗膜が劣化すると塗膜内の顔料が表面化するチョーキング(樹脂がやせることにより、体質顔料や顔料が塗膜表面に浮いてくること)が発生し、光沢低下、色あせを起こします。対して無機ハイブリッドシリーズは長期間対候性を維持するため、チョーキングが発生しにくくなっています。
試験体
ここがポイント!
屋根用塗装は、外壁に使用する塗料より耐用年数が長いものを選びましょう!

塗膜(塗料の膜)の最大の劣化原因は紫外線です。
屋根は建物の中で一番紫外線が当たりやすく、外壁以上に劣化しやすい場所になりますので屋根用の塗料は、耐候性の高い塗料を選びましょう。また、次回の塗り替えのタイミングを考え、屋根には外壁で使用する塗料より耐候性の高い塗料を選ぶことをおすすめします。

付着した汚れも、雨水によりセルフクリーニング!
クリーニング
耐汚染性に優れたセラミック成分が帯電しにくく親水性に富んだ塗膜表面を形成。
無機ハイブリッドシリーズは、施工3ヶ月後から汚染が回復し始め、1.5年後にはほとんど汚れが目立たない程度にまで回復し、美しさが長期間持続します。

汚染性比較実験
塗膜表面をカーボンブラック分散水(排ガス等の成分)にて汚染させた後、水で洗浄し汚染前と汚染後の明度の差を計測しました。その結果、無機ハイブリッドシリーズは他社の塗料と比較すると明度の低下が非常に小さく、低汚染性に優れていることが確認されました。
表

屋根表面の温度上昇を抑制し、室内温度の上昇を抑える!
温度
一般塗料が一部熱を吸収しやすい顔料を使用していることで温度が上昇してしまうのに対し、無機ハイブリッドシリーズは、配合された特殊熱反射顔料が近紫外線を効率よく反射・散乱し、太陽熱の吸収を防ぎます。





・用途
屋根の塗装

・耐用年数
20~23年

・つや
艶あり