• 緊急の雨漏りや修理はお電話で 0120-870-879 9:00-18:00受付 日曜・祝日休
  • やねかべ無料診断
  • ショールーム来店予約

施工メニュー

外 壁
シーリング工事

屋根葺き替え

1サイディングの
外壁面塗装時のシーリング
打ち替え工事

サイディングの外壁塗り替えで重要な下地処理として、シーリング材(コーキング)の打ち替えがあげられます。サッシ周りや換気フード廻り、サイディングどうしの継ぎ目のシーリング材は、雨水の浸入を防ぎ建物を守っています。

サイディング材には製造過程で、はじめから耐水処理を施している物が大半ですが、現場での施工過程で必ず切り落とし、穴あけ等の作業が生じます。その断面・端部に関してはシーリングの処理しか行われていないのが実状です。
サイディングの主材料である繊維質とセメントの混合物では雨水に対しての耐久性はまったく無いに等しく、シーリング材が劣化し硬くなり機能しなくなると、サイディングが吸水し始め、最悪の場合はサイディング自体の張替え・下地のやり替え等で、多額のメンテナンス費用が必要となります。

  • シーリング材
  • シーリング材

新築後10年経過後のサイディングの外壁

やねかべパークの、サイディング外壁塗り替えリフォームでは、シーリング材を「打ち増し」ではなく「全て打ち替え」で施工させて頂いております。古いシーリングを一旦全て撤去し、新しく打ち直す施工の仕方です。
又シーリング材も、現状よく使用されている3~5年程度の耐候性のものではなく、10年以上の高耐候性を誇る商品を使用している為、次回塗装までしっかりご自宅を、雨水の侵入から守れます。

  • シーリング材
  • シーリング材

2モルタル外壁塗装時の
シーリング工事

モルタル外壁面にとっても、シーリング工事は非常に大切な下地工事となります。
外壁には、様々な突起物(サッシ・庇・ベランダ・排気口)があり、外壁モルタル面との「取り合いの部分」から雨水が侵入する恐れがあります。
このような場所から雨水が侵入すると、塗膜の裏のモルタル面が吸水し、伸縮を繰り返し、クラックが入ります。
又塗装を内側から剥離させていく事もあります。
新築時は全く処理されていない事も多いのですが、外壁のリフォーム時は、今後10年を考えると、やはり必要で重要な作業と言えます。

  • シーリング材
  • シーリング材
  • シーリング材
  • シーリング材
  • シーリング材

3目地カバー

シーリング材の補修として基本は、「増し打ち」や「打ち替え」といった補修方法が多くなっております。
もう一つ、補修方法としまして「目地カバー」というものがあります。

目地カバーとは、ガルバリウムやステンレス素材の鋼板をサイディングの目地上から被せるといった施工方法です。
目地カバーを上に取り付けることにより、紫外線からシーリングを守り、長期間シーリングを保つ補修方法です。
長期間シーリングを守るだけでなく、「シーリングの深さが規定通りに施工されていなかった」場合や「目地周辺の外壁が劣化でボソボソしてしまい、目地を補修しても外壁劣化部分から雨水の侵入のおそれがある」場合などにも使用されています。
シーリングに紫外線が当たらないため、劣化を防ぎ、長期間シーリングが保ててメンテナンスコスト費用が軽減されると考えられます。

  • シーリング材
  • シーリング材
  • シーリング材

やねかべパークなら家全体をしっかり診断!

アフターサービスまでしっかり!
専任スタッフが担当するので安心です。

無料の
『やねかべ精密診断』を申し込む!

塗装業者選び
チェックポイント

  • 地元の塗装専門店に相談してみましたか?
  • 建設業許可、国のリフォーム事業団体への加入はありますか?
  • 瑕疵(かし)保険、クーリングオフの制度がありますか?
  • 塗料の出荷証明、保証書について確認しましたか?
  • アフターサービスはしっかりしていますか?
  • 契約を催促しませんか?

当社では、他社さまのお見積りチェック、当社との相見積りも大歓迎です。
強引な営業は一切ございませんので、お気軽にご相談ください。

匿名でもOK! ご相談はこちら

やねかべパークについて

やねかべパークは有限会社パラヴィの塗装専門事業部として、
朝霞市・和光市・新座市・志木市・東京都練馬区を中心に地域密着で活動しています。
2019年末で施工件数は累計2200件を超えました。
これからも地域の皆様に、より満足のいただける外壁塗装・屋根塗装をお届けするため、日々頑張っています。

対応エリア

  • 朝霞市
  • 和光市
  • 志木市
  • 新座市
  • 練馬区