• 緊急の雨漏りや修理はお電話で 0120-870-879 9:00-18:00受付 日曜・祝日休
  • やねかべ無料診断
  • ショールーム来店予約

手遅れ? まだ大丈夫?

手遅れになるその前に!
外壁&屋根
セルフチェック

高額な工事になる前に!「劣化サイン」を早めにチェック

高額な工事になる前に!「劣化サイン」を早めにチェック

その補修、保険で費用がカバーできるかも?

ご近所の方の話を聞いて「我が家もそろそろ外壁塗装?」と思いつつ、「本当に必要なの?」「塗装屋さん営業トークでしょ?」「うちは塗り替え不要のはずだけど…」と悩んでいる皆さん。一般的な塗り替えのサイクルは8-13年といわれていますが、使用材料、施工方法、家の構造、施工方法、立地(日差し、水はけ、排ガス、畑の砂等)、天候(台風、大雨、大雪、暴風)、地震等々の影響で大きく変わります。
劣化サインに早めに気づき、対処することで、外壁張り替えや屋根葺き替えといった大工事にならずに済むことが多々あります。新築から5年、または前回の塗装から5年が経過したころから、屋根や壁の様子をチェックしてみましょう。

check

8つのチェックポイント

1外壁の色あせ・汚れ・チョーキング現象(白亜化現象)

  • 外壁の汚れ

    外壁の汚れ

  • チョーキング

    チョーキング

外壁の色あせが起こっている場合は、塗装が紫外線によってダメージを受けている状態です。
防水性能が劣化して、汚れが付着しやすく、雨筋などの汚れが黒っぽく目立つようになります。
また、外壁に指を滑らせてみてください。白っぽいチョークのような粉が付着した場合は塗膜が劣化し粉化している状態で、チョーキング現象といいます。紫外線や雨によって起こりやすく、日当たりの良い面でよく見られます。チョーキング現象が起きたからすぐ塗り替えが必要なわけではなく、他の項目とあわせて、時期を検討しましょう。

2外壁のひび(クラック)

  • ヘアークラック

    ヘアークラック

  • 窓廻りサイディングのひび

    窓廻りサイディングのひび

外壁のわかりやすい劣化である「ひび」もチェックしましょう。乾燥、紫外線、雨にさらされる面や、窓サッシ下に多く見られます。髪の毛ほどの細いひび(ヘアークラック)であれば、塗膜のみの「ひび」のため上から塗装するのみで修復可能です。それ以上太いひびの場合、内部に水が浸入し雨漏りの原因ともなります。早めの対処が必要です。

3目地シール(シーリング)の収縮・ひび割れ

  • 目地シール(シーリング)の収縮・ひび割れ

  • 目地シール(シーリング)の収縮・ひび割れ

外壁板と外壁板の間を埋めているのが目地材(シーリング)です。隙間なく埋まっているか?ちぎれやひび割れはないか?弾力があるか?をチェックしてください。見た目には目地材のみの劣化でも、内部では思った以上に腐食が進行している場合もあります。特に日当たりの良い箇所は劣化が進みやすいので、重点的にチェックしましょう。通気口まわりや窓廻りも要チェックです。目地材は住宅の防水の要、早めの部分補修でも効果大!

4サイディング(板状の外壁材)の反りや剥がれ

  • サイディング(板状の外壁材)の反りや剥がれ

  • サイディング(板状の外壁材)の反りや剥がれ

サイディングとは、外壁に貼る板状の仕上げ材です。サイディングが劣化してくると反りや塗膜の剥がれが発生します。反りは外壁が浮いたような状態になり、継ぎ目部分に隙間が見られるようになります。この隙間から内部に浸水する可能性があります。浸水が進行してしまった場合には、外壁全体の張り替えとなり、大工事となるので早めの対処が肝心です。

5モルタルのふくらみ

  • モルタルのふくらみ

  • モルタルのふくらみ

モルタル壁とは、左官下地に「塗り」で仕上げている継ぎ目のない壁です。壁内部に雨水が浸入し、外気温の変化などによって内部から塗膜がおされてふくらみが発生する場合や、前回塗装時の密着不足(施工不良)の場合もあります。進行すると塗装が剥がれるだけでなく、下地の傷みも進行し、雨漏り、腐食の原因になります。原因を把握しないまま塗装してしまうと、またすぐにふくらんでしまうことも。やねかべパークでは無料で外壁調査が可能です。

6外壁のコケや藻

  • 外壁のコケや藻

  • 外壁のコケや藻

外壁にコケや藻が発生しているかチェックしましょう。日当たりが悪い面の外壁は常に湿気にさらされています。塗膜性能(防汚、防護機能)の劣化によりコケや藻が発生している場合もあれば、外壁内部に浸水している場合もあります。下地まで浸水している場合、張り替えが必要になることも。やねかべパークなら、機器を使用した測定評価はもちろん、サイディング板の剥がし検査も可能です。

7鉄部、木部の劣化

  • 鉄部、木部の劣化

  • 鉄部、木部の劣化

金属部分・木部の塗装はほかの素材より早く傷みます。雨どいや、軒や庇の木部など、塗膜が剥がれ、サビや腐食が進行すると、最終的には割れたり腐食で崩れたりする危険性があります。サビや剥がれ、ふくらみがある場合は再塗装のサイン。3年を過ぎると症状が出ることも多いので、他の部材よりも短い周期での塗装が必要になります。

8屋根の劣化

  • 屋根の劣化
  • 屋根の劣化
  • 屋根の劣化

屋根の色あせや、コケ・錆が発生していないかも確認したいところですが、無理に登るのは大変危険です。2階から1階部分の庇を見たり、下から軒部分を見たりすることで、屋根の状況を予測することができます。また、雨の日に雨樋の水が漏れていないか、チェックしてみましょう。屋根点検は危険なことが多いため、業者へ調査依頼するのが安全で確実です。

心配事があれば、
お気軽にご相談を!

セルフチェックで劣化のサインが多数見つかった!目立つ劣化はないけれど、ちょっと心配。そんな方は、どうぞお気軽にやねかべパークにご相談ください。しつこい営業はいっさいありませんので、知り合いに教えてもらった業者さんに相談する、くらいの軽い気持ちで大丈夫です。

やねかべパークでは無料で屋根・壁の精密診断を提供しています。一級建築士監修のインスペクション(建物状況調査)でありながら、費用は一切かかりません。約150項目の調査項目について、専門的な検査器具を用い、屋根、壁を中心に家全体を診断・調査の上、診断報告書にまとめます。後日、診断報告書とあわせ、現在の状態についてご説明にお伺いいたします。
やねかべパークの本体は創業20年のリフォーム専門店、一級建築士事務所の株式会社パラヴィですので、不明点はもちろんのこと、住まいについてのご相談は幅広く対応可能です。

やねかべパークなら家全体をしっかり診断!

浸水によるのか、湿気なのか、シロアリなのか…etc
その劣化の原因がわかります!

無料の
『やねかべ精密診断』を申し込む!

2度目の屋根・外壁塗装
チェックポイント

  • 前回の塗装業者、ハウスメーカーだけでなく、
    地元の塗装専門業者に話を聞いてみる。
  • 屋根・外壁は、今後のお手入れを見据えたプランに
    なっているかどうか確認する。
  • 今後の生活スタイルを考慮して、家全体を見直してみる。
  • 市区町村の助成金・補助金をチェックしてみる。

当社では、他社さまのお見積りチェック、当社との相見積りも大歓迎です。
強引な営業は一切ございませんので、お気軽にご相談ください。

匿名でもOK! ご相談はこちら

やねかべパークについて

やねかべパークは有限会社パラヴィの塗装専門事業部として、
朝霞市・和光市・新座市・志木市・東京都練馬区を中心に地域密着で活動しています。
2019年末で施工件数は累計2200件を超えました。
これからも地域の皆様に、より満足のいただける外壁塗装・屋根塗装をお届けするため、日々頑張っています。

対応エリア

  • 朝霞市
  • 和光市
  • 志木市
  • 新座市
  • 練馬区